恩林寺とは
恩林寺 役員会 紫陽花
2019年7月13日

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 本日年二回の定例役員会が
実施されました。議事内容は例年通りでしたが、通例の
恩林寺広報(No.145号)が発行されました。内容に
撞きましては。この後でご紹介いたします。帰りに前回
紫陽花を紹介しましたが、終焉の模様を撮ってきました。
前回と比較してみてください。
   文責:恩林寺HP編集局

スマホのAndroidをご使用の方は、 ドルフィンブラウザ フラッシュプレイヤー
をインストールしてご覧になってください。それ以外のブラウザでは見られません。
 

下の写真をクリックして下さいここに動画が表示されます

恩林寺定例役員会

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

茂木 勲 氏 役員総代奉仕10年 住職より授与

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

小林 武夫 氏 代表責任役員20年 住職より授与

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

水屋に咲く紫陽花

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

鐘楼の右に咲く紫陽花

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

本堂の裏庭に咲く紫陽花

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

純白の長い紫陽花が変色しました
遅くなるとこうなるようですね

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

枯れていくのではなく変色していく紫陽花のようです

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

長い紫陽花の向こうに本堂

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

桜と彼岸花の庭園の奥の紫陽花の列(手前にも続いています)

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

まだまだ咲き続ける紫陽花

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

緑の傍にピンクの紫陽花一輪

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

終焉に近い紫陽花

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

まだ元気な紫陽花も咲いています

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

最後列の紫陽花(遠方には栃木県の民家を望む)

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

額紫陽花は長命ですね

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

額紫陽花最後尾の傍らには小川

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

純白の初々しい紫陽花もまだ咲いています

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

桜と彼岸花の庭園を越え望遠で撮った紫陽花

臨済宗建長寺派東光山恩林寺 役員会 後 紫陽花撮影

 

 戻る

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
ぶっせつまかはんにゃはらみたしんぎょう  

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう  
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
くうそくぜしき じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう  
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう   
無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
むしきむじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
ないし むろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく
以無所得故 菩提薩
 依般若波羅蜜多故
いむしょとくこ ぼだいさつた えはんにゃはらみったこ   
心無
礙 無礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
くうぎょうねはん さんぜしょ ぶつ えはんにゃはらみったこ   
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若 波羅蜜多
とくあのくたらさんみゃく さんぼだい こちはんにゃ はらみった   
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ  
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
のうじょいっさいく しん じつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ   
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
そくせつしゅわっ ぎゃ てい ぎゃてい はらぎゃい はらそうぎゃてい
菩提薩婆訶 般若心経
ぼじそわか  はんにゃしんぎょう

 
ホームへ戻る